東京経済大学 葵流通会

アクセスカウンタ

zoom RSS 日本橋界隈の商業充実

<<   作成日時 : 2010/12/24 22:43   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

 昨今、日本橋地区は商業集積として地盤沈下の傾向と思えたが、このところ新しい施設が増え、以前より格段に賑やかさが感ぜられるようになって来ている。
ここを訪れた日が12月の下旬の土曜日とあって、昼過ぎの人出は多く、歩道を行く人々も買い物の品を下げている人達が多い。歩道に沿った花壇にはパンジーの色々の花色が美しい。
 三越本店の車寄せには外車や国産高級車が駐車場へ入る待ち車が並んでおり、多くの案内員が整理をしている姿が目に入る。日本橋から北に歩いて見ると、三越への家族連れの多いのが目に付く。
三越反対側の歩道の人通りが賑やかである。山本海苔店や古い老舗の昔ながらの専門店が続く。その中に奈良県の物産館である「奈良まほろば館」、「新潟物産館」「島根物産館」が極めて近くにある。これら各館は地元の特産物を中心に販売をしており、併せて観光案内所としての機能も十分に発揮している。まほろば館では小規模な講義室が2階にあり、吉野の桜の歴史の講義を聴いて、私と友人でこの春の満開の桜を訪ねたものであった。
画像

同じ側を歩いてゆくと、「コレド室町」がこの10月28日に新しく開店して入店客が多い。この地名が室町となっているが、室町と日本橋に接する地で、実際には日本橋の一角と言って良い立地である。
ここに入って見ると、一階の入り口近くに異常に人が停滞している。何であろうかと良く見ると「にんべん本店」の「だし場」のカウンターで、有料で「だし汁」を試飲させている所である。
先日、テレビで放映されていたので、私も並んでみた。各種の「だし汁」が100円から350円位まであり、私はカツブシのだし汁を試してみた。しかし、それはそれ程感動するほどのものではなかった。ただし最近私は自分の味覚が減退しているのではないかと感ずることも多く、老化現象が進んでいるのかとも考えている。
その建物の中には地下の書店から4階までが殆どレストラン階である。その照明は全部ダウンライトのみで、非常に落ち着いた雰囲気を醸し出しており、大人の雰囲気である。
エスカレーターの近くにある横に5〜6メートルの黒い木のベンチは、良く見ると直径60センチもある古民家の梁であり、囲炉裏の煙で長年いぶされて黒光りがしており、カンナの無い時代に削られたちょうなの痕がはっきりと残っている。このベンチが各階にあり、あたかも高山の街中の雰囲気を保っていた。
この中で一番人気の店は「ビストロ石川亭」であり、多くの客が店先に並んで待っていた。
その建物の隣は千疋屋の本店が工事中であり、そのまた隣は「YOITO」という野村ビルの商業施設でBIから4階がレストラン街であり、5〜7階が大人のアミューズメントと各種のホールとなっている。
コレド室町とコレド日本橋、更には日本橋三井タワーが三井不動産によって再開発されて日本橋地区の充実に寄与してきているのが分かった。


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
コレド室町、行ってみたくなりました、コレド日本橋は待ち合わせに良いのでよく行っていますが、室町は話しだけで、まだ足を運んでいませんでした。筆者の記者魂、凄いです。2011・1・2

しゅうまつ
2011/01/02 11:58

コメントする help

ニックネーム
本 文
日本橋界隈の商業充実 東京経済大学 葵流通会/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる