キャンパス新5号棟

 10月の初旬に国分寺のキャンパスを訪ねてみました。先ず、図書館に行って目的の経済の週刊誌を丹念に読みました。世界のエネルギー事情の解説特集号でした。
数年前に比べて学生の図書館での読書中の人数が増えており、2倍くらいに感じました。以前は読書中の学生は少なく、年配者が2,3人読書や書き物をしている光景が多かったのです。しかもそれら学生が読んでいる物を見ると、3,4人はマンガを読んでいたのです。がっかりしたものです。今回マンガを読んでいたのは一人だけでした。他の人達は実に真面目に本に没入しています。
画像


 次いで、新5号館の建築進捗の様子を見てきました。すでに外郭のコンクリートは出来上がり、1階のガラス扉のフレームを取り付けていました。思ったよりずっと大きな地上4階の建物で、教室棟として使用されれば、大変余裕のあるキャンパス施設になりそうです。ただ、残念なことには6号館前の南側の広い芝生の庭が、砂利敷きとなってしまったことです。
多分、資材の置き場として必要なのかと思われますが、5号棟の完成後は元の芝生の庭に戻してもらいたいものです。
来年早い内に竣工することでしょう。キャンパスの充実は我々卒業生にも、在学生にとっても大変に喜ばしい限りです。竣工を心待ちにしています。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック