八王子そごうの閉店

 昭和57年(1982)に八王子に移り住んで30年となりました。八王子では伊勢丹、西武、大丸、が、今迄に閉店して、百貨店として最後の砦である「そごう」までもが今年の1月31日をもって閉店となりました。
50万を超える人口を有する八王子ですが、町村合併をしてきたその地域は広く、駅前の商店街が核となる吸引力が足らなかったと言えるのでしょう。横浜線と八高線がありますが、それらは商圏拡大には繋がらなかった様子です。街の中心であった繊維産業が衰退したのも大きな要因と考えられます。今はやっと金属製品やIT産業が育ってきている様子です。
画像

 1月31日に、そのそごうの閉店セールを見学に行ってきました。実に多くの客が溢れており、今までも支持していてくれたならば、撤退には到らなかっただろうと思えました。
景気の良い時代には年商490億近くの売上高で、そごうの中でも良好な店だったのです。昨今はその半分も行かなかったと言われていました。そごうの元気な頃は破竹の勢いで、当時の水島社長が30店舗の目標を打ち出していました。JRからの店舗の借りている料金が高く、採算が合わないものと考えられます。町内会でもそごう存続の署名活動まで行われました。
画像

私も時折紳士衣下着の購入や、有隣堂での書籍の購入に便利に使用してきましたので、淋しい限りです。今後はJRの専門店として秋に開店の予定とありますが、高齢者には百貨店は新しい文化を運んできた店として、今後も有って欲しいところです。今後も行政と一緒に街の活性化を進めて行くことを期待しています。


茂木 記

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック