銀座昨今

 銀座ソニービルに行く用事があったので、その足で銀座を4丁目交差点より7丁目まで見てきました。平日の午後1時頃でしたが、人出はかなり多く、以前の銀座の人出の感じが戻っています。歩道の脇の植え込みにはパンジーやらきれいな花が植えられており、5丁目あたりからは3メートルくらいの針葉樹の植え込みも作られています。
画像

5丁目の松坂屋のあったところは、今は工事用の塀に覆われて大々的な再開発のビルの建設中で、沢山のクレーンが立っていました。
買い物客の半数くらいは外国人の旅行者という感じで、何と言っても中国人の団体客です。
化粧品の資生堂の店では中国人の客が沢山おり、大きな赤い旅行鞄が店の入口に10個近く並んでおり、その店の前の路上の真ん中では中国人の男の人が旅行鞄を平らに置いて開けていました。中国人の他にはインド人が目に付きました。しかし、インド本国の人ではなく、マレーシアやシンガポールからのインド系の旅行者と思えます。その人たちは団体ではないようでした。またタイからの団体客もいましたが、中国人の団体の様には大人数ではありません。ムスリムのスカーフをつけている女性もおりますが、多分マレーシアからの方でしょう。資生堂を筆頭にユニクロやおもちゃの博品館には沢山の外国人で、日本人の方が少ないようでした。
この記事では「東日本震災1ヶ月後の銀座」と言うという記事が書いてありますが、銀座の表通りは外国人多いのですが、裏どうりに入り交詢社のあたりに来てみると日本人が多く見られました。
兎に角円安が進んだことで外国人の観光客が多くなったのは喜ばしいことと思えます。


茂木 稔

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック