東京経済大学 葵流通会

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画とショッピングの東京ミッドタウン日比谷

<<   作成日時 : 2018/06/24 09:37   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今年の3月29日にオープンしたこの施設を見学に行って来ました。6月になってからでは少し遅かったかなと思いましたが、行って見るとまだ若い女性と中高年の女性を中心とした人々が見学に訪れています。 以前、この場所には比較的新しい8階建てくらいの大きな建物があった記憶があり、確か三井銀行が入っていたと記憶しています。
今回訪れたところ、30階以上くらいの大きなビルがあり、東京ミッドタウンはこのビルのB1から6階までを使用している、シネマセンターと物販にレストランの複合ビルとなっています。
画像


 この日比谷地区は東宝の入っているビルが多く、宝塚やシャンテ、他にも映画館が隣接して有った所です。
これらの地の利を活かして三井不動産が東宝の映画館を取り込で新しい施設を提供しているのです。立地も広大であり1階の地上部は公園状の広場もあり、植樹された緑が広がります。大変ゆとりが感じられます。
地下鉄の日比谷駅より向かいましたが、そこには地下通路に新しい開口部が出来て、天井の高い綺麗な導入口がありました。また、2階より2階より上層部では日比谷公園の緑が借景となり、レストランやティールームに大変良い印象を与えています。
建物のB1に入ると、大きなスタバのティールームがあり、この階の天井は高く、アールのついた照明は素敵な雰囲気です。
画像

一階から三階までは吹き抜けとなっており、エスカレーターがこの中を上層階へと上がっています。二階には先日TVで放映された横浜の有隣堂が運営する本屋とは言えない物販、本屋、理髪店、ティールームの複合販売店があり、古い昭和時代の理髪店を模した店は込んでいるようでした。三階は物販とレストランが多く、四階のシネマシティへの導入部となっています。四、五階はシネマシティは大変良いロビーであり、ここで映画を見て食事をするには最適であり、特にこの上の六階のレストランには繋がりも絶妙です。
画像

その六階には芝生のガーデンのあるレストランがあり、日比谷公園の緑が迫り、あたかも森の中のレストランの気分です。
 全般に言えることは、この施設はインバウンドを意識したものではなく、日本人の中流以上の人達を対象としており、幾つかの銀座に近年出来たインバウンドを意識した施設に比べて大変大人の雰囲気があふれるものでした。
茂木 記

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
映画とショッピングの東京ミッドタウン日比谷 東京経済大学 葵流通会/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる